群馬大学医学部附属病院 男女協働キャリア支援部門

群馬大学医学部附属病院で働く医師等の医療人の教育・研修を支援

出産・育児等による女性医師の業務継続をサポート!一時離職者の無利のない復帰を支援!

医師支援プログラムを活用して現場に復帰、フレキシブルな勤務体制で無理なく勤務、男性医師も育児に参画!

院内保育園(ゆめのこ保育園)が充実、安心して医師としてのキャリアを重ねよう!

スキルアップの為に大学病院で学べる!家庭と仕事を両立している先輩達からアドバイス!

 ごあいさつ / Greeting

ごあいさつ / Greeting"

荒川 浩一 当院の医療人能力開発センターには、女性医師等教育・支援部門が設置されていましたが、男性医師も育休や介護休暇を希望されるようになってきた背景もあり、男女協働キャリア支援部門と一新いたしました。また、これまで提供してきた支援策を女性医師支援プログラムから医師ワークライフ支援プログラムに改称しています。わが国も、やっと西欧諸国並みになってきたのだと感慨深いところです。男女問わず、医師としての経験がまだ十分でない時期に、出産や子育て、介護等で研修から離れることはとても不安になると思います。また、専門医を取得された後でも、しばらく臨床現場を離れることは何かと心配になるのではないでしょうか。当院では、「短時間勤務」「勤務形態の緩和(当直の軽減)」など手厚い支援策を提供しています。現場へ復帰し、体制を整え、子育てや介護と診療を両立していくには様々なハードルがありますが、家族で協力しながら、ぜひ頑張っていただきたいと思います。また、この支援策をステップにして、早期本格復帰、その先のキャリアアップを目指した働き方を目指してください。医療人能力開発センターのスタッフは勤務形態などにつき個別の相談にのります。ぜひ、当センターにお気軽にお越しください。 永井 弥生 2010年4月に女性医師等教育・支援部門が設立され、6年が経過しました。2006年に策定されていた女性医師支援プログラムは、出産・育児からの復帰時を中心に80名以上の方が利用し、女性医師がキャリアを中断することなく仕事を継続するために、大きな役割を果たしてきました。
社会では、女性活躍推進法が制定され、群馬大学においても、2013年度より男女共同参画推進のための活動が進められています。男性の育児参画、男女問わず介護問題への対応など、今後考えていかなければならない問題が多々あります。このような流れに遅れることのないよう、2016年4月、女性医師支援プログラムは男性も利用できるように改定し、医師ワークライフ支援プログラムと名称を変更しました。これに伴い、女性医師等・教育支援部門も男女協働キャリア支援部門となりました。
日本の女性の社会への参画率は先進国の中では低く、上位職に就く女性が少ないことも指摘されています。男女共同参画は、多様性を受け入れる文化として、日本が国際的に求められていることでもあります。男女問わず、組織や社会の中でどうあるべきかを考え、より充実したキャリアを目指す医療者が増えること、それが可能な環境が当然となることを期待しています。
菊地 麻美 医師ワークライフ支援プログラムの利用を考えていらっしゃる皆様、そのご事情は様々なことと思います。子育て、出産、介護、留学など、それぞれ異なる状況の中であっても、医師として新たな活躍の場所を見つけていこうとすることは、皆さまお一人お一人にとっては、やはり「勇気」のいることなのではないでしょうか。まずは今できることから、そしてまた次のステップに、皆様の可能性を広げていくことは、医師という資格を有する私たちが果たさなければならない社会的責務でもあります。そして、あとに続く後輩たちや私たちの子供達の世代の「未来」を切り開くことにもつながっていくことと思います。一人一人の小さな一歩の積み重ねで、世界を今よりずっと良いものに変えていきましょう! 羽鳥 麗子 3つ子を出産し、子ども達が生後半年になる頃に職場復帰しました。復帰に際しては、以前、長男出産後に女性医師支援プログラム(現医師ワークライフ支援プログラム)を利用して得られた経験が少なくありません。しかし、産前・産後のおよそ1年、臨床現場から離れてしまうと、正直なところ不安ばかりの毎日でした。今までのように勤務ができるのか、出産・育児中に変わった医療にスムーズに対応できるのか、家族が体調不良時のサポート体制はどうか、乳児を抱えながら勤務継続が可能なのか、など。産休前とは全く異なる状況に直面しましたが、家族や職場スタッフなど多くの方々に支えていただきながら、毎日、慌ただしく勤務しています。これから本プログラムの利用を考えている皆さん、やりがいのある職場で一緒に頑張りましょう。 田中 和美 医師として社会復帰の第1歩を踏み出すという大きな決断をされるにあたり、家庭との両立を前提として働くということ自体大変なことですが、特に医師という職業は、長期間離れているとまるで浦島太郎になった気分になり、技術面においても大きな不安を感じる方も少なくないと思います。医師ワークライフ支援プログラムに加え、スキルラボセンターでも、1歩踏み出そうとしている方、踏み出し歩き始めた方のサポートをさせていただきたいと考えています。電子カルテの使い方から超音波、CVC、内視鏡といった手技のトレーニングまで様々なトレーニングが可能ですので、不安を感じていらっしゃるならぜひ一度ご相談ください。
男女協働キャリア支援部門について

男女協働キャリア支援部門について

組織 平成22年度から医療人能力開発センターの下に、女性医師等教育・支援部門を新設しました。
平成28年度から男女協働キャリア支援部門に名称を変更しました。
役割は、以下にある業務を通じて、医師等の医療人の教育・研修を支援することです。 1. 男女協働に対する啓発活動に関すること。
2. 教職員の就労継続及び復職支援に関すること。
3. 医師ワークライフ支援プログラムに関すること。
4. 教職員の研修に係る業務の総括及び連絡調整に関すること。
5. 医学部学生のキャリア形成のサポートに関すること。
6. その他教育・支援に関すること。 活動 研修 男女・医師・コメディカル問わず、すべての医療人を対象としたスキルアップのための研修活動をサポートしていきます。 教育
再教育
医療人能力開発センタースキルラボ部門との連携によるシミュレータ教育プログラムやe-learningプログラム等の開発・支援教育プログラムの開発・支援を行っていきます。 支援 医師・コメディカルの復職支援や離職抑制のための現職への支援を行っていきます。 その他 ワーク・ライフ・バランス・男女共同参画・男女ともに働きやすい職場のための意識改革等の啓蒙活動

先輩からの一言 A word from seniors'

先輩からの一言 A word from seniors'

小児外科 大竹 紗弥香 医学部の女子学生が増加し、外科に興味を持つ女性医師も増えていると思います。体力がない、手先が不器用という不安はあるでしょうが、それはあとからついてきます。外科は自分の手に技術を身につける分野です。自転車の乗り方を忘れないように、一度身につけばそれがなくなることはありません。男性が多い外科の世界ですが、女性目線の考えも必要です。 血液内科 滝沢 牧子 子育てしながらもやりがいのある仕事を継続できるように、ライフステージに合わせた多様な働き方を支援する制度が整ってきていると思います。あきらめることなくいろいろな可能性にチャレンジしてほしいです。 小児科 高橋 舞 家族は大切、仕事も大切。私たちの仕事はそう思える仕事であり、群大病院はそう思える職場だと思います。ライフステージに応じ、その都度悩みはありますが、また喜びも多いもの。患者さんの笑顔やスタッフに支えられ、自分を鼓舞する毎日です。 医学教育センター 医学基礎教育部門 岸 美紀子 医師・研究者を経て、医学教育に携わっています。医療・教育・子育てには共通する部分があると感じます。患者さんや学生、子供達によりよいものを届けるには、彼/彼女たちを中心としながら周囲の方々と連携し、チームとしてはたらきかける必要があるという点です。職種の変更も、仕事と育児の両立も貴重な経験として活かせるようにと心がけています。励まし合いながら、一緒にがんばりましょう。 img
医師ワークライフ支援プログラム利用者より一言 リハビリテーション部 伊部 洋子 私が一番難しかったのは「もっと働きたい自分」と「もっと子供と一緒にいたい自分」の間で折り合いをつけることでした。「周囲は協力してくれているのに、どうして自分は中途半端なのだろう」と焦っていた時期もありました。女性医師支援プログラム(現医師ワークライフ支援プログラム)の中で少し落ち着いて深呼吸ができたので「医療の中における自分の役割」を見つけられたように思います。まだ道半ばですが、進む先が見えたので気持ちはぐっと楽になりました。これからも前を向いて働きたいと思います。 皮膚科 須藤 麻梨子 現在1歳、3歳の子供の育児をしながら女性医師支援プログラム(現医師ワークライフ支援プログラム)を利用して働いています。
出産前は常勤として勤務しており、夫の2年の留学を機会に渡米、二人の子供を出産し、帰国後復帰しました。突然二人の子育てをしながらの仕事復帰となりかなり不安がありました。想像以上にバタバタした毎日ではありますが、周囲の協力を得ながら、今のところ仕事も育児も大きなつまづきなく過ごすことができています。
もともと、下の子が1歳くらいまでは仕事を休もうと思っていたものの、長らく仕事から離れた生活を送っていると物足りなさを感じるようになりました。夫も医師であり、育児のメインは私が担っているため、子供の保育園のお迎えの時間まで、当直なしという勤務で働かせてもらっています。育児だけをしていた生活より断然忙しく、うまくいかないことにイライラ、ということもありますが、仕事をすることの充実感と、離れてみてわかる子供のかわいさと大切さ、周囲の協力への感謝の気持ちなど、自分の人生の中で気づけていなかった大切なことを実感できた気がします。
これからも、子供の成長とともに生活が変化していくと思いますが、そのときどきに合わせ工夫しながら仕事を続けていきたいと思います。
お問い合せ / Contact us

お問い合せ / Contact us

医療人能力開発センターで発行しているニュースレターです。臨床研修、スキルラボ、地域医療に関連した記事のほか、頑張る医師と指導者の声など、男女協働キャリア支援部門の特集を掲載しています。現在、大学病院に勤務されていない育児休暇中の方、関連病院に勤務中の方などに、このニュースレター≪Wind≫をお届けしています。自宅または、病院への郵送、あるいは、メール配信も可能です。ご希望の方は医療人能力開発センター事務局までご連絡ください。
メールによる継続配信希望の方 以下のメールアドレスまで ” 件名に「ニュースレターメール配信希望」と入れたメール” を送ってください。 mail 郵送による配信希望の方 以下の電話またはメールアドレスまで ” 郵送先” を送ってください。 医療人能力開発センター男女協働キャリア支援部門
ニュースレター≪Wind≫の配信サービス案内 係 027-220-8351 mail