群馬大学医学部附属病院 男女協働キャリア支援部門

群馬大学医学部附属病院で働く医師等の医療人の教育・研修を支援

出産・育児等による女性医師の業務継続をサポート!一時離職者の無利のない復帰を支援!

医師支援プログラムを活用して現場に復帰、フレキシブルな勤務体制で無理なく勤務、男性医師も育児に参画!

院内保育園(ゆめのこ保育園)が充実、安心して医師としてのキャリアを重ねよう!

スキルアップの為に大学病院で学べる!家庭と仕事を両立している先輩達からアドバイス!

 ごあいさつ / Greeting

ごあいさつ / Greeting"

田村 遵一 医療は刻々と進化しており、多くの時間を学問に費やして医師の資格を得ても、医師として社会に貢献するには更なる知識や技術の継続的な習得が求められます。一人前の医師となるには多くの指導を受けますが、指導する医師の立場になる女性医師の割合は、卒業時に比べてはるかに低くなってしまう現状があります。
本来、男女問わず、継続的に医師としての力を最大限に発揮できる環境が望ましいですが、様々なライフイベントは女性に対してより強く影響していることも実情です。そのような環境をサポートすべく、当院では、院内保育や病児 保育、短時間勤務を可能とする女性医師支援プログラムなどの体制を構築してきました。また、2010年度に設立された女性医師等教育・支援部門では 他部門や地域、医師会との連携を図り、その活動を広げてきました。
2016年度より、女性医師支援プログラムは男性の利用も可能となり、医師ワークライフ支援プログラムと名称を変更しました。併せて部門名も新しくなりました。男女問わず安心して働きやすい環境を作り、目標に向かった活躍できる組織を目指して、これからも強化に取り組んでいきたいと思います。
大嶋 清宏 当院の医療人能力開発センターには、様々な事情に因ってもキャリアの継続をサポートできるように、2010年4月から女性医師等教育・支援部門が設置されていました。昨今、男性医師も育休や介護休暇を希望されるようになってきた背景もあり、2016年4月から同部門を男女協働キャリア支援部門へと一新いたしました。また、これまで提供してきた支援策は、女性医師支援プログラムから医師ワークライフ支援プログラムへと改称され、男性も利用可能となっています。
医療人としての経験がまだ十分でない時期は勿論のこと、ご自身が目指す領域で専門医等を取得された後であっても、出産、子育てや介護等で、ある期間現場から離れざるを得なくなれば、今後のキャリアを考えていく上で不安に思われるでしょう。周囲の状況を整えて、現場へ復帰し子育てや介護等と仕事を両立していくための一助として、当院では「短時間勤務」や「勤務形態の緩和(当直の軽減)」等の手厚い支援策を提供しています。男女協働キャリア支援部門のスタッフは勤務形態などにつき個別の相談にのりますので、どうぞお気軽に当センターにお越しください。
永井 弥生 2010年4月に女性医師等教育・支援部門として設立された当部門は、2016 年4月より男女協働キャリア支援部門と名称を変更しました。80名以上が利用した女性医師支援プログラムは、医師ワークライフ支援プログラムと名称を変え、男性の利用が可能となったのは大きな進歩です。
日本の女性の社会への参画率は、先進国の中では低く、上位職に就く女性が少ないことは問題とされています。男女共同参画は、多様性を受け入れる文化として国際的に求められることでもあります。こういった流れの中で、2013年度より、群馬大学においても男女共同参画推進室が設置され、学部を超えて連携し、活発な活動が進められています。
イクメン、イクボスといった言葉は、少し社会になじんできているでしょうか。定着するのはまだ時間がかかるかもしれませんが、男性の育児参画は特別なことではない社会となるのではと思います。女性医師支援にとどまらず、男女問わず、組織や社会の中でどうあるべきかを考え、より充実したキャリアを目指す医療者が増えることを期待します。
菊地 麻美 医師ワークライフ支援プログラムの利用を考えていらっしゃる皆様、そのご事情は様々なことと思います。子育て、出産、介護、留学など、それぞれ異なる状況の中であっても、医師として新たな活躍の場所を見つけていこうとすることは、皆さまお一人お一人にとっては、やはり「勇気」のいることなのではないでしょうか。まずは今できることから、そしてまた次のステップに、皆様の可能性を広げていくことは、医師という資格を有する私たちが果たさなければならない社会的責務でもあります。そして、あとに続く後輩たちや私たちの子供達の世代の「未来」を切り開くことにもつながっていくことと思います。一人一人の小さな一歩の積み重ねで、世界を今よりずっと良いものに変えていきましょう! 羽鳥 麗子 3つ子を出産し、子ども達が生後半年になる頃に職場復帰しました。復帰に際しては、以前、長男出産後に本プログラムを利用して得られた経験が少なくありません。しかし、産前・産後のおよそ1年、臨床現場から離れてしまうと、正直なところ不安ばかりの毎日でした。今までのように勤務ができるのか、出産・育児中に変わった医療にスムーズに対応できるのか、家族が体調不良時のサポート体制はどうか、乳児を抱えながら勤務継続が可能なのか、など。産休前とは全く異なる状況に直面しましたが、家族や職場スタッフなど多くの方々に支えていただきながら、毎日、慌ただしく勤務しています。これから本プログラムの利用を考えている皆さん、やりがいのある職場で一緒に頑張りましょう。 田中 和美 医師として社会復帰の第1歩を踏み出すという大きな決断をされるにあたり、家庭との両立を前提として働くということ自体大変なことですが、特に医師という職業は、長期間離れているとまるで浦島太郎になった気分になり、技術面においても大きな不安を感じる方も少なくないと思います。医師ワークライフ支援プログラムに加え、スキルラボセンターでも、1歩踏み出そうとしている方、踏み出し歩き始めた方のサポートをさせていただきたいと考えています。電子カルテの使い方から超音波、CVC、内視鏡といった手技のトレーニングまで様々なトレーニングが可能ですので、不安を感じていらっしゃるならぜひ一度ご相談ください。 土岐 明子 近年、ワークライフバランスに関する活動があちこちで見られるようになりました。時代の流れ、と理由付けるのはたやすいですが、そのために今までずっと社会にメッセー ジを送り続けてきた先輩方あってこその変化だと思います。現在私は、多くの方の支援をうけつつ、一社会人として、医師として、母として、時には迷ったり困ったりしながらも充実した毎日を過ごしています。新しいチャレンジを考えている方へ、まずは一緒に歩いていきましょう。困ったときには助けてくれる先輩方がいます。そしてその先にご自身の活躍できる場所を見つけてください。
男女協働キャリア支援部門について

男女協働キャリア支援部門について

組織 平成22年度から医療人能力開発センターの下に、女性医師等教育・支援部門を新設しました。
平成28年度から男女協働キャリア支援部門に名称を変更しました。
役割は、以下にある業務を通じて、医師等の医療人の教育・研修を支援することです。 1. 男女協働に対する啓発活動に関すること。
2. 教職員の就労継続及び復職支援に関すること。
3. 医師ワークライフ支援プログラムに関すること。
4. 教職員の研修に係る業務の総括及び連絡調整に関すること。
5. 医学部学生のキャリア形成のサポートに関すること。
6. その他教育・支援に関すること。 活動 研修 男女・医師・コメディカル問わず、すべての医療人を対象としたスキルアップのための研修活動をサポートしていきます。 教育
再教育
医療人能力開発センタースキルラボ部門との連携によるシミュレータ教育プログラムやe-learningプログラム等の開発・支援教育プログラムの開発・支援を行っていきます。 支援 医師・コメディカルの復職支援や離職抑制のための現職への支援を行っていきます。 その他 ワーク・ライフ・バランス・男女共同参画・男女ともに働きやすい職場のための意識改革等の啓蒙活動

先輩からの一言 A word from seniors'

先輩からの一言 A word from seniors'

どんな職場? ワークライフバランスは?
いつでも先輩たちがアドバイスしますので相談してください。
循環器内科 小板橋 紀通 米国留学時代、妻が出産した時は仕事を休まないと怒られましたし、子供のサッカーチームでボランティアコーチをやっている同僚もいました。「育児に一生懸命な男は出世できない」社会ではありませんでした。当院もそうなるといいなと思う、妻も女医として働く4人の子供の父親です。 産科婦人科 井上 真紀 仕事も育児も家事も大事、だから全てを両立させたい、そんな欲張りな思いを叶えることこそに意味があると思います。私は産科という仕事柄、出産してから新たな面から医療に向かえるようになったと思います。皆さん、欲張っていきましょう! 集中治療部 金本 匡史 当院のICUは現在17床、365日24時間、医師常駐の体制で管理しています。日勤・夜勤の2交代制ですが、勤務調整により昼間のみの勤務も可能です。重症な患者さんの全身管理を学べる非常に重要な職場です。興味のある方はぜひご相談ください。 小児科 奥野 はるな 医師としてスキルアップすべき時期と結婚や出産の適齢期がどうしても重なってしまうことは、女性医師にとって永遠のテーマだと思います。私は小児科医として診療する上で、我が子を育てることも長い目でみれば自身のスキルアップにつながっていく大切な経験だと感じています。一緒に頑張っていきましょう! 呼吸器外科 中澤 世識 呼吸器外科では主に肺癌を対象に外科治療を行っています。肺癌は国内外問わず、臨床や研究分野で注目の高い疾患です。近年、鏡視下手術の普及で女性呼吸器外科医も増えています。ぜひ皆さんも呼吸器外科の扉を叩いてみてください。 肝胆膵外科 塚越 真梨子 難治性である肝胆膵領域の癌を何とか克服したい、という思いで肝胆膵外科を志望しました。女性医師の少ない分野ですが、やりがいがあり、興味と疑問は尽きません。先のことを考えてあきらめたり近道をしたりせず、今興味のあることにぜひ挑戦して欲しいと思います。
医師ワークライフ支援プログラム利用者より一言 呼吸器・アレルギー内科 齋藤 悠 産後4ヶ月で職場復帰しました。現在は医局の先生のサポートもあり、臨床だけではなく、呼吸器・アレルギー疾患に関する研究もやらせていただいています。最近は仕事を続けていて良かったと思う瞬間がたくさんあります。これからも、家族や協力してくれる人たちとのつながりを大事にしながら、仕事を続けていきたいと思います。 核医学科 徳江 梓 育休後、当制度を利用し復職させていただいています。医局の先生方や夫、両親など周囲の協力を得て、細々とですが、臨床や研究に復帰できました。私が復職した時は育休明けの利用が主でしたが、現在は対象が男女共になり、幅広い利用が可能になりました。個人の事情で働き方は様々に変化しますが、それに対応していただけることで、働く意欲が活かされる制度だと思います。時短勤務の裏には多くの方が仕事を肩代わりしてくれていることに感謝の気持ちを忘れず、日々勤めていきたいです。
お問い合せ / Contact us

お問い合せ / Contact us

医療人能力開発センターで発行しているニュースレターです。臨床研修、スキルラボ、地域医療に関連した記事のほか、頑張る医師と指導者の声など、男女協働キャリア支援部門の特集を掲載しています。現在、大学病院に勤務されていない育児休暇中の方、関連病院に勤務中の方などに、このニュースレター≪Wind≫をお届けしています。自宅または、病院への郵送、あるいは、メール配信も可能です。ご希望の方は医療人能力開発センター事務局までご連絡ください。
メールによる継続配信希望の方 以下のメールアドレスまで ” 件名に「ニュースレターメール配信希望」と入れたメール” を送ってください。 mail 郵送による配信希望の方 以下の電話またはメールアドレスまで ” 郵送先” を送ってください。 医療人能力開発センター男女協働キャリア支援部門
ニュースレター≪Wind≫の配信サービス案内 係 027-220-8351 mail