ごあいさつ » メッセージ »
医師ワークライフ支援
プログラム »
お問い合わせ »
ごあいさつ
ごあいさつ

ごあいさつ

田村 遵一

男女問わず安心して働きやすい環境を

群馬大学医学部附属病院 病院長 田村 遵一

医療は刻々と進化しており、多くの時間を学問に費やして医師の資格を得ても、医師として社会に貢献するには更なる知識や技術の継続的な習得が求められます。一人前の医師となるには多くの指導を受けますが、指導する医師の立場になる女性医師の割合は、卒業時に比べてはるかに低くなってしまう現状があります。
本来、男女問わず、継続的に医師としての力を最大限に発揮できる環境が望ましいですが、様々なライフイベントは女性に対してより強く影響していることも実情です。そのような環境をサポートすべく、当院では、院内保育や病児保育、短時間勤務を可能とする女性医師支援プログラムなどの体制を構築してきました。
また、2010年度に設立された女性医師等教育・支援部門では他部門や地域、医師会との連携を図り、その活動を広げてきました。
2016年度より、女性医師支援プログラムは男性の利用も可能となり、医師ワークライフ支援プログラムと名称を変更しました。併せて部門名も新しくなりました。男女問わず安心して働きやすい環境を作り、目標に向かった活躍できる組織を目指して、これからも強化に取り組んでいきたいと思います。

村上 正巳

働きやすい環境づくり

地域医療研究・教育センター センター長 村上 正巳

働く人の視点に立った働き方改革を実現するために柔軟な働き方がしやすい環境づくりが求められる中で、医師を中心とした医療従事者の働き方改革が課題となっています。
群馬大学医学部附属病院では、2007年から産後や育児休暇後などの女性医師の皆さんに対して、フレキシブルな勤務時間と大学病院の高度な医療と教育体制によって復帰を支援する、女性医師支援プログラムの運用を始めました。2010年に女性医師等教育・支援部門を設立し、院内での広報や啓蒙活動を行い、利用される医師数も年々増加してきました。2016年には、女性に限らず全ての医師のワークライフを支援する部門として名称を「男女協働キャリア支援部門」と改め、2017年には男性の医師にも医師ワークライフ支援プログラムに参加していただきました。
「男女協働キャリア支援部門」は、責任者の羽鳥麗子先生を中心に誰もが働きやすい環境づくりのお手伝いをしています。どのようなことでも結構ですので気軽にご相談ください。

大嶋 清宏

キャリアの継続を手厚くサポート

地域医療研究・教育センター 副センター長 大嶋 清宏

当院の地域医療研究・教育センターには、様々な事情に因ってもキャリアの継続をサポートできるように、2010年4月から女性医師等教育・支援部門が設置されていました。昨今、男性医師も育休や介護休暇を希望されるようになってきた背景もあり、2016年4月から同部門を男女協働キャリア支援部門へと一新いたしました。また、これまで提供してきた支援策は、女性医師支援プログラムから医師ワークライフ支援プログラムへと改称され、男性も利用可能となっています。
医療人としての経験がまだ十分でない時期は勿論のこと、ご自身が目指す領域で専門医等を取得された後であっても、出産、子育てや介護等で、ある期間現場から離れざるを得なくなれば、今後のキャリアを考えていく上で不安に思われるでしょう。周囲の状況を整えて、現場へ復帰し子育てや介護等と仕事を両立していくための一助として、当院では「短時間勤務」や「勤務形態の緩和(当直の軽減)」等の手厚い支援策を提供しています。男女協働キャリア支援部門のスタッフは勤務形態などにつき個別の相談にのりますので、どうぞお気軽に当センターにお越しください。

ページトップへ