ごあいさつ » メッセージ »
医師ワークライフ支援
プログラム »
お問い合わせ »
メッセージ
メッセージ

地域医療研究・教育センター医師からのメッセージ

photo

一歩の積み重ねから

臨床研修部門
乳腺・内分泌外科
菊地 麻美

医師ワークライフ支援プログラムの利用を考えていらっしゃる皆様、そのご事情は様々なことと思います。子育て、出産、介護、留学など、それぞれ異なる状況の中であっても、医師として新たな活躍の場所を見つけていこうとすることは、皆様お一人お一人にとっては、やはり「勇気」のいることなのではないでしょうか。まずは今できることから、そしてまた次のステップに、皆様の可能性を広げていくことは、医師という資格を有する私たちが果たさなければならない社会的責務でもあります。そして、あとに続く後輩たちや私たちの子供達の世代の「未来」を切り開くことにもつながっていくことと思います。一人一人の小さな一歩の積み重ねで、世界を今よりずっと良いものに変えていきましょう!

photo

やりがいを感じて

地域医療支援部門
男女協働キャリア支援部門 小児科
羽鳥 麗子
地域医療支援部門
男女協働キャリア支援部門
小児科
羽鳥 麗子

今年度より、男女協働キャリア支援部門の責任者を拝命しました。微力ですが、本プログラムを利用されている先生方、またこれからの利用を検討されている先生方をサポートさせていただきます。よろしくお願い致します。私自身も、長男出産後に本プログラムを利用して職場復帰しました。2度目の出産は3つ子だったこともあり、今では思い出せないほど慌ただしいものでしたが、改めて医師の仕事にやりがいを感じています。乳児を抱えながら勤務ができるのか、家族が体調不良時のサポート体制はどうか、休職中に変わった医療にスムーズに対応できるのか、など、不安なことがありましたら是非ご相談ください。

photo

様々な支援体制

地域医療支援部門
救命・総合医療センター
奥 裕子

様々な環境の変化の中で医師としてのキャリアを継続することは簡単なことではないと思います。私自身医師として歩む中で、様々な壁にあたりました。相談できる相手、受けることができる支援は今と比べてとても少なく、立ち往生したことも一度ではありません。今は様々な支援体制があります。是非、サポートを受けながら医師を続けてください。そして、いつか後輩たちをサポートしてください。皆さんで支えながら働き、輝ける職場を一緒につくっていきましょう。

photo

まず1歩

スキルラボ部門
消化管外科
田中 和美

医師として社会復帰の第1歩を踏み出すという大きな決断をされるにあたり、家庭との両立を前提として働くということ自体大変なことですが、特に医師という職業は、長期間離れているとまるで浦島太郎になった気分になり、技術面においても大きな不安を感じる方も少なくないと思います。医師ワークライフ支援プログラムに加え、スキルラボセンターでも、1歩踏み出そうとしている方、踏み出し歩き始めた方のサポートをさせていただきたいと考えています。電子カルテの使い方から超音波、CVC、内視鏡といった手技のトレーニングまで様々なトレーニングが可能ですので、不安を感じていらっしゃるならぜひ一度ご相談ください。

photo

きめ細かい個別支援

スキルラボ部門
内分泌糖尿病内科
大崎 綾

ワークライフ支援プログラム使用者の皆さん、こんにちは。現在私はスキルラボ部門に所属しながら診療や教育に携わっていますが、ごく最近までこのプログラムを使用してきました。しかも二人目の産休明けに一旦プログラムを使用し卒業したのにもかかわらず、長男の小学校入学に伴い支援プログラムに戻る、いわゆる出戻りをしたため2回も使用させていただいています。このプログラムの特徴はきめ細かい個別対応をしていただけることです。私にとって産休・育休のみならず使用できるこの制度は、様々なイベントを乗り越えるための強力な助っ人でした。ぜひみなさんもこの制度を活用しながら、ちょっとキャリアのあゆみをゆっくりとして、細く長く(落ち着いてからはもちろん太く!)医師を続けてもらえたらと思います。

photo

日頃の感謝をこめて

地域医療支援部門
内分泌糖尿病内科
土岐 明子

近年、ワークライフバランスに関する活動があちこちで見られるようになりました。時代の流れ、と理由付けるのはたやすいですが、そのために今までずっと社会にメッセージを送り続けてきた先輩方あってこその変化だと思います。現在私は、多くの方の支援をうけつつ、一社会人として、医師として、母として、時には迷ったり困ったりしながらも充実した毎日を過ごしています。新しいチャレンジを考えている方へ、まずは一緒に歩いていきましょう。困ったときには助けてくれる先輩方がいます。そしてその先にご自身の活躍できる場所を見つけてください。

先輩からひとこと

photo
循環器内科  小板橋 紀通

米国留学時代、妻が出産した時は仕事を休まないと怒られましたし、子供のサッカーチームでボランティアコーチをやっている同僚もいました。「育児に一生懸命な男は出世できない」社会ではありませんでした。当院もそうなるといいなと思う、妻も女医として働く4人の子供の父親です。

photo
産科婦人科  井上 真紀

仕事も育児も家事も大事、だから全てを両立させたい、そんな欲張りな思いを叶えることこそに意味があると思います。私は産科という仕事柄、出産してから新たな面から医療に向かえるようになったと思います。
皆さん、欲張っていきましょう!

photo
集中治療部  金本 匡史

当院のICUは現在17床、365日24時間、医師常駐の体制で管理しています。日勤・夜勤の2交代制ですが、勤務調整により昼間のみの勤務も可能です。重症な患者さんの全身管理を学べる非常に重要な職場です。興味のある方はぜひご相談ください。

photo
小児科  奥野 はるな

医師としてスキルアップすべき時期と結婚や出産の適齢期がどうしても重なってしまうことは、女性医師にとって永遠のテーマだと思います。私は小児科医として診療する上で、我が子を育てることも長い目でみれば自身のスキルアップにつながっていく大切な経験だと感じています。
一緒に頑張っていきましょう!

photo
呼吸器外科  中澤 世識

呼吸器外科では主に肺癌を対象に外科治療を行っています。肺癌は国内外問わず、臨床や研究分野で注目の高い疾患です。近年、鏡視下手術の普及で女性呼吸器外科医も増えています。ぜひ、皆さんも呼吸器外科の扉を叩いてみてください。

photo
肝胆膵外科  塚越 真梨子

難治性である肝胆膵領域の癌を何とか克服したい、という思いで肝胆膵外科を志望しました。女性医師の少ない分野ですが、やりがいがあり、興味と疑問は尽きません。先のことを考えてあきらめたり近道をしたりせず、今興味のあることにぜひ挑戦して欲しいと思います。

ページトップへ